恋愛で理想的な腰のくびれ「0.7」の女性とは?

恋愛では、女性の腰のくびれは、重要な意味があります。

男性は女性の腰のくびれが好きで、惹かれる理由は、科学的に根拠があるらしいことを、前回の記事で書きました。

脳科学者の澤口俊之先生によると、女性の腰のくびれは、ヒップとウェストの比率「1:0.7」が理想的だということです。

そこで理想的な比率を持つ女性タレントを探してみました。

ただしフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』のプロフィール欄に書かれてある、スリーサイズを元に調べたので、今は異なるかもしれません。

それにウェストのサイズは、変わりやすいものです。

ちょっとした食生活の変化で、太くなることもあります。

逆に写真集の撮影前などには、ダイエットして、プロフィールのデータより、細くなっている可能性もあります。

したがって参考程度に見てください。

実際に探してみると、なかなか理想的な比率「0.7」が見付からないものです。

グラビアアイドルなどは、理想的な比率より、細いことが多かったです。

また太い場合でも、人気のあるタレントは、かなりいました。

タレントの好みは人それぞれなので、今回は単純に理想的な腰のクビレということで、選んでみました。

・水田 芙美子(みずた ふみこ)

スリーサイズ 83-60-86cm
理想的なくびれ 86cm × 0.7 = 60.2cm

かなり理想的なくびれの数値に近いです。


・蛯原 友里(えびはら ゆり)

スリーサイズ 82-58-83cm
理想的なくびれ 83cm × 0.7 = 58.1cm

さすがエビちゃん!ほぼ理想的な値です。
この写真ではわかりませんが、やはり理想的なプロポーションを持っているんですね。


腰のくびれを売りにしているグラビアアイドルは、理想的な値より、さらに細いです。

・清水 ゆう子(しみず ゆうこ)

スリーサイズ 84-54-84cm
理想的なくびれ 84cm × 0.7 = 58.8cm

4cm以上も細いですね。


・熊田 曜子(くまだ ようこ)

スリーサイズ 92-56-84cm
理想的なくびれ 84cm × 0.7 = 58.8cm

マイナス2.8cmのクビレです。

ここまで腰のくびれが細くなくてもかまいませんが、多少はくびれていたほうが、男性の目を惹きつけるのは、事実のようです。

男性目線で見ると、腰のくびれは、大人の女性の魅力の一つに間違いありません。

腰のくびれは、努力すれば作れるものなので、恋愛のためにも頑張ってみましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






男目線から見た、恋愛でモテル女性とは? TOPへ