恋愛では、方言やなまりは、女性の武器になる。

恋愛では、女性の方言や訛り(なまり)は、強力な武器になります。

方言は決してデメリットではありません。むしろメリットです。

それに田舎があるのは、とても素晴らしいことです。

なぜなら男性は、女性の方言を聞くと、「可愛い」と感じる瞬間があるからです。

可愛い女性や、綺麗な女性が、たまに方言を話すと、男性はそのギャップに惹かれます。

特に京都弁や博多弁は、人気があると言われています。

地方出身の人が、上京すると、一生懸命に標準語を喋ろうとします。

方言が通じないこともありますが、イントネーション(語調)が違うのが、恥ずかしいので、直そうと努力します。

でも最近の若者は、テレビで標準語を聞き慣れているので、習得するのにそれほど時間はかかりません。

正確には無理でしょうが、仕事やプライベートで、支障がないくらいには、短期間でなれます。

そして都会では、普段はあまり方言を使わずに、生活するようになります。

しかし、普段は標準語を使っている人が、同郷の人と喋る時に、方言を使っているのを聞くと、意外な一面が見れたような気がしませんか?

「へー!本当はこんな風に喋るんだ」と思ったりします。

また、今では方言を使う芸能人が増えています。方言を前面に出すことも珍しくなくなりました。

そのため、テレビでよく聞く方言は、正確な意味はわからなくても、多少は伝わります。

でも一般の人が、日常生活の場面で、全て方言で話すと、意味がわかりません。

それに方言だけだと、メリハリもありません。

恋愛で効果的なのは、普段は頑張って標準語を話している女性が、ふとした瞬間に出る方言です。

気分が盛り上がってきたり、興奮したり、怒った時に、ついポロッと方言が出てしまうことがあります。

そんな瞬間に男性は、「可愛い」と感じるのです。プライベートな一面が見れた感じがします。

このような男心を知っていて、計算で方言を使ってくる女性もいます。

女性が甘える時に、言葉の語尾に方言を入れるだけで、男性はコロッとだまされてしまいます。笑

たとえそれが計算だとしても、可愛く感じるのが、男の性(さが)です。涙

しかし方言がまったく話せない女の子が、無理して方言を使うと、どうしても不自然になります。

ネイティブ? な方言やなまりだからこそ、自然な感じがして、男性は可愛いと感じるのです。

男目線で見ると、たまに方言を使う女性は、好印象です。使える武器は使いましょう。

ただし、効果的かどうかは、女性のキャラにもよります。強めの女性が方言を使うと、さらに恐くなるので、注意しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






男目線から見た、恋愛でモテル女性とは? TOPへ