男性は経験人数の少ない女性のほうが好き。

恋愛では、男性は経験人数の少ない女性のほうが好きです。

最近は、これまでに付き合った男性の数を、平気で話す女の子が増えています。まるで「私はモテルんだ」というバロメーターのようです。

しかし男目線でいうと、恋愛では確実に逆効果です。

女性同士の会話ならかまいませんが、男性には話さないほうがよいでしょう。

前にも書きましたが、男の本能としては、自分の子供を産んでくれない可能性のある女性が、一番困るわけです。

男性経験の多い女性というのは、男性側からみると、自分の子供を生んでくれるのか、不安になります。

だから男性は、本能的に体験人数の多い女性を避けます。

遊びとしては付き合うかもしれませんが、結婚相手に選ぶことは少ないと考えてください。

男の勝手な理想としては、女性にとって自分が初めての男性なら、それが一番です。

でも現在では、結婚相手が見付かるまで処女ということは、稀になっています。ほとんどの女性が、結婚前にセックスを経験済みです。

だから彼女に元彼が、一人や二人いても、まったく不思議ではありません。

男性も頭では、十分わかってはいるのです。あくまで理想です。

ある番組で島田紳助さんが、似たようなことを言っていた記憶がありますが、男性は恐がりです。

彼女の過去の彼氏について、男性は知りたいような、恐いような感じがあります。

いわゆる恐いもの見たさのような状態です。

だから、彼氏から元彼のことを聞かれない限り、女性のほうから話すのは、避けたほうが無難です。

自分のことは全て知って欲しい、という気持ちがあるかも知れませんが、男性は聞きたくないこともあるのです。

また男性には、「この女の子なら、これくらいの人数だろう」という、勝手な想像(予想)があります。

女性の年齢や職業、キャラクター、友人関係など、全てを総合して、勝手に想像しています。

十代なら何人、25歳なら何人、30歳なら何人・・・と言う感じで、男性の頭の中には、ある程度の基準があります。

もちろん男性によって、想像する人数、許容範囲が全然違います。

想像した人数より多い場合は、「結構遊んでいるな」と思いショックです。逆に少ない場合は、「意外と貞操観念が強いんだな」と思い嬉しくなります。

もしあなたの彼氏に聞かれた時には、どう答えればよいのでしょうか?

その時は、男性の想像より、ちょっとだけ少なく言ってあげてください。

男性は想像した人数より少ないと、安心します。

でも想像より、明らかに少なすぎると、「嘘をついているのでは?」と疑います。

だから男性の想像より、ちょっと少な目くらいが、ちょうど良いのです。

男は、自分が好きになった女の子が、男性経験豊富だとは、思いたくないところがあります。

実は2、3人程度が無難です。これくらいなら、多くの男性が許容範囲だと思います。

多くても5人が限度です。

それより多い場合は、もう嘘を付いてでも、過少申告するしかありません。

難しいのは、年齢がいっているのに、経験人数がゼロの場合です。特に容姿は普通の場合。

男性は、「性格に何か問題があるのか?」、「他の男が手を出さないような女性にアタックしているのか?」と不安になることがあります。

そんな時は、「何度か付き合ったことはあるけれど、最後まで行かなかった」くらいが、無難な回答かも。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






男目線から見た、恋愛でモテル女性とは? TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。