恋愛 男性が見る女性の第一印象は、やはり顔です。

恋愛で男女が出会う時に、男性はまず女性の顔を見ます。

これは仕方のないことです。

お尻や胸、腰のくびれ、足首という男性もいますが、一番目は顔だという人が大多数です。

どんなにスタイルやファッションが良くても、男性は顔がタイプじゃなければ、恋愛対象としては見ません。

そもそも男性は、顔が好みじゃないと、女性に声をかけようと思いません。

女性でも「顔はあまり気にしない」と言いつつ、「芸能人で言えば誰がタイプ?」と聞かれると、

「妻夫木聡」とか「木村拓哉」、「ジャニーズの○○」と答えることがありますよね。笑

「結局は顔かよ」と、男性はがっかりします。

まったく同じことです。その点は男女お互い様です。

男も女も、最初はやはり、ルックス(容姿、容貌)から入るのです。

「やっぱり顔かー」と、失望することはありません。

何故なら、男性が考える『可愛い』や『美人』は、個人差が大きいからです。

その差には、男性同士でもビックリするほどです。

男は友人同士で、高校時代の卒業アルバムを見ながら、「どの娘が一番可愛かったか」というのを、一度はやったことがあると思います。

すると好みの女性のタイプが、全く違います。

私が可愛いと思った娘が、友人にはそうでもなかったり、逆のパターンもあります。

もちろん多くの男性が、可愛いという女の子もいますが。

中には、「こんなイケメンの男性が、なぜこの娘と付き合っていたの?」と、男性同士でも不思議なことがあります。

言葉は悪いですが、ブス専とかモンスターハンターと呼ばれる男性も、少数派ながら、確かにいるのです。

だから男性の好みは深いと理解してください。

大事なのは、意中の男性が考えている、カワイイの基準、美人の基準、つまりストライクゾーンに、あなたが入っているかどうかです。

ちょっとでも引っかかっていれば、チャンスはあります。他の部分で挽回もできます。

多くの男性の基準に入る必要は、全くありません。

また男性は、第一印象では顔を重視しますが、時間をかければ、他の部分もちゃんと見ます。

「話してみると可愛い」とか、「仕草が可愛い」、「声が可愛い」、「優しい」、「スタイルが好み」、「ファッションが好き」、「料理が上手い」など、顔以外の部分が決め手になることもあります。

顔もスタイルも好みじゃないけれど、なぜか惹かれるという女性がいるのです。

男女の出会いでは、ルックスが良ければ有利なのは、間違いないことです。

でも今はどんなに美人でも、10年も経てば、次の世代の若い女の子に負ける時が、必ず来ます。

顔だけで男性を惹きつけることができるのは、せいぜい10年くらいの期間だけです。長い人生で見ればごく一部です。

他の部分で女性らしさを磨いたほうが、結局は幸せになれます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






男目線から見た、恋愛でモテル女性とは? TOPへ